News

お知らせ

2019.5.6  HP開設しました。

 

2019.7.13   HP公開しました。


Concept

コンセプト

in・te・gral [ɪntəɡrəl]

[形容詞] 1. 全体を構成する[のに絶対必要な]、必須(ひっす)の 2. 完全な、欠けるところのない(en・tire) 3. 《数》整数の、積分の

――[名詞] 1. 完全体、全体 2. 《数学》整数、積分

(旺文社 英和中辞典より)

 

   ◇   ◇   ◇

 

占い師がこういうことを言うのもどうかと思うのですが、占いは本当に人を幸せにできるのでしょうか?
占いは隠された物事のありよう、まだ見ぬ未来を見通す技術です。つまり、未知の情報にアクセスする手段、と言ってよいでしょう。
私の思うことはこうです。
「情報は人間を幸福にするだろうか」

 


現代は情報の時代です。私たちはインターネットを介していつでもどこでも、いくらでも未知の情報を好きなだけ手に入れることができます。
しかし、それで私たちは幸福になれたかどうか?
たしかに、便利にはなりました。自分の願いを叶えやすくなり、幸福に近付いたかもわかりません。
ですが、それと同じか、あるいはそれ以上に不安や不満、迷いもまた多くなったのではないでしょうか。
知るだけ、情報を手に入れるだけでは幸福にはなれない。
幸福には決断と行動が重要です。
「意志を成し遂げる」心身の強靭さが重要である――。
私にはそう思えてならないのです。

 


占いをする私は、多くの人の「生」に出会います。
いろいろの想いをうかがいながら、常に実感することは、今のこの時代を生きるには、確たる自己肯定感がどうしても欠かせないのだ、ということでした。
自身の理想の姿と現実。
自分の願いの通りの姿で生きていたい。
どうも自分は理想や願望に届かないのではないか、という漠然とした無力感。
自分は受け入れてもらえないのではないか?
誰にも愛されないのではないか。
こうした想いにさいなまれる方は少なくありません。
私はいつも思います。
「いつ、誰が、あなたにはそれが無理だなんて言ったのです?」

 

 

自分には理想の自分を成し遂げるだけの資格があり、意志を遂げる能力があるのだ、との確信、つまり自己肯定感がなくては人生は闘い抜けません。
堅固な自己肯定感を抜きには幸福を手にすることはできません。
幸福への最初の関門は、自己肯定感の獲得なのです。

では、どうすれば、私たちは自己肯定感に目覚めることができるのでしょうか?
自己肯定感、これは極めて個人的で、絶対的な問題です。
世間一般の言う幸福の条件、相対的な基準によっては自己肯定感は得られません。
誰もが成功者と認める一流の人生を送る人であっても、自分に深く失望している人もあれば、美男美女が恋のために破滅的な人生を送ってしまうこともよくあります。
それらの根底にあるものは、生きてある自分自身の限界、願望と現実の乖離、つまり、現状の自分に対する否定――自己肯定感の欠如でしょう。
自己肯定感とは世間的な成功の量ではありませんし、他人に比べてどうこうと言えるものではなく、自分は自分であり、これで事足りていると疑いもなく感じることなのです。

そもそも「自己肯定感」という言葉がよくないかもわかりません。
自分を肯定しよう、そんなニュアンスにはすでに否定が含まれている。肯定も否定も不要である境地、「今ここに生きてあるのが当然で、そして満ち足りている」との自覚を、私は「絶対感」と言い換えてみましょう。

 

 

絶対感を得るには、何よりもまず、自分を感じ、自分をつかまえてみるよりありません。実体としての自分自身を、つまりは自分の身体を、自分でつかまえてみるのです。
物質として存在する自分自身さえ感じることもできないのに、どうして「心」や「精神」などという抽象的な、概念的でとらえどころのないものを感覚的に把握できるでありましょうか。
自分の身体さえつかまえられないなら、考えたってわかりっこありません。
だから身体トレーニングなのです。実体としての自分自身に触れ、感じることから始める、のです。

 

 

自分の身体を感じた、実存の自身に出会ったとして、その先はどうするか?
その身体に載っている自分自身、意識主体としての自分自身を知り、感じてみるのです。
占いはここにおいて、大いに資するところがあるでしょう。
より深く、貪欲に自身の生を獲得せんとするなら、己の来し方、そして人生の行く末をよく知り、考えねばなりません。
夜道で速度を上げる自動車が、ライトをより高く掲げるように、よく生きるためには人生の夜道を知性により煌々と照らし出さねばなりません。
インテグラル・トレーニングとは身体と精神を統合するプログラムです。
身体と精神、感覚と思考、これらを統合し、本来的なあるがままの自分、欠けたるもののない自分自身を回復する、そしてそれが至極当然で、幸福なことなのだという確信を目指すもの、とご理解いただければ幸いです。

「E-Mail」ボタンをクリックすると、お問い合わせフォームへ移動します。